上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SAの編集について。

最近SAのfragmovieもたくさん増えてきて、色々と質問される様になったので。
まとめて書いてみます。
主観的な意見もあるのでその辺は、それぞれ意見があると思いますが、
スルーまたは、コメントにでも書いといてください。

SAの銃声等の音は本来、スキンを変更する時に使うツールを使って抜き出さなければいけません。
これに関しては、アウトまたはグレーゾーンなので。単発の銃声、HS音等欲しい方は
NEEさんのこちらの記事から(勝手に申し訳ありません)http://neefragmovie.blog15.fc2.com/blog-entry-41.html
DLしてください。

fragmovieとは、
フラグを編集し、独自の雰囲気等をつくりつつBGMと合わせる等して、フラグとはまた別の1つの物にするといった感じだと思います。

要するに自分の思うままに編集して(場合による)
違う一つ映像作品を作りあげようってことです。

だから製作者によって全く違うものができるってことにもなります。
なので自分の好きなように編集して、自分が良いと思ったのを作っていけばいいと思います。

最近思う編集する上で重要なのが
音ハメ
色彩補正です。

暇があったら色々と試してみてください。

色彩補正は編集ソフトによっては厳しいかも知れませんが、動画の雰囲気作りにはもっとも効果的です。

音ハメはやろうと思えば出来ます。
音ハメ一つで、全く違うもの人とは違うスタイルが生まれます
同じ曲とフラグを使ったとしても、音ハメだけで人それぞれ違うものが出来ます。
音ハメする場所とかタイミングとか。

音ハメしないfragmovieは、相当なことが無い限り、手抜きだと思ってます。
無理にでも音ハメする価値はあります。
適当に試してみてください。
(大事なのは曲との一体感、音ハメしない方が雰囲気がでて良いだとか、音ハメしない方が良いBGMとかだったらしない方が良いです)

中途半端な音ハメはダメだと思うんだ。
それでもしないよりかは良いと思うんだ。

音ハメ難しかったら、曲に単発のBGMを音ハメして、そこに映像をはめ込んでも良いと思うんだ。
これを気にするだけでも編集に時間がかけれると思うんだ。
そうして出来上がったものはいつものより、ちょっと良いなと思ってしまうと思うんだ。

思ったことを書いてみたってことだったと思うんだ。
スポンサーサイト
2010.09.02 予告ー
9/2または9/3日に動画投稿予定です

zoomeはついでに最大ビットレートを無制限にして投稿するので
多分一番画質良くなると思います。

nikonikoはそのままでー

夏Movieは、このままだと秋Movieになりそうですね!
夏Movieとか関係無しに、普通のfragmovieにするかもしれないです。

詳しい事は投稿したときにでも書きます
2010.06.03 編集3
これはSAのフラグムービーに関しての事ですが

demo機能等なく、スペクトもうまく取れない分
他のところで良い動画にしていかないといけないのかなと思います

また編集がどうたらって事になってしまうかも知れないですが。
技術といっても様々な事があるわけで、
この人はここが上手いとか動画によって癖がでるのも見てて楽しいかなと思ってます。
最近よく、細かく編集してるのは

画面の動き、ぼかしの使い方、光の使い方、BGMの調整
何回も見たり聞いたりしないと気づかないと思うほど、細かいところに手を加えている動画が個人的に好きです

1回見ただけだと気づかないようなところでも、それを無くしたら違う印象になったり
しかし、本当に不必要なところもあるわけで、見定めが難しいと思ってたりします。

例えば、大雑把に光のエフェクトを入れて雑な動きにしても意味が無いです。
光の動く向き、動くときは移動速度、光の方向。
意味も無く空を抜き出して変えてもつまらないし、一つ一つに意味を持たせたいとまではいかないですが
そのくらい丁寧にやった方が最後見たときに、自分でも作ってよかったと思える動画になるのではないかなー

と言いつつ
エフェクトだらけのこってこての動画が好きだったりします。




と早朝に思いました。


自信が無いとか別にして。
今できる事、持ってるアイデアを全部だして、それをなるべくイメージに近いように編集していく
何回も見直して、修正して。
そしてようやく完成した、くらいの動画を毎回つくらないと良くないと思います。
そうして昔つくった動画を振り返って、
笑いながら、そして少し懐かしい気持ちになりつつ。また今できることを全部出す気持ちで動画を作り始める

こんな感じの方が個人的には面白いかもしれない・・・

誰得?
2010.05.24 編集2
最近いろいろと考えるところがあったので
動画編集について個人的に思うこと

基本的に編集技術がどうとかは特に関係ないと思う。
最低限の事が必要なだけ、自分が思ったイメージ通りにするために技術が必要なだけであって
3Dが使えなかったり、そういう事ができなくても良い動画は自分次第でどうとでも作れる(難しいとは思うが)。

自分も良く作っててたまに思ったりしてしまうんですが。
見直したりして、なんとなくこの動画つまらないなって思ったら(場合によってしまうが)やり直すべきだと思う。
なぜつまらないか
個人的に気を付けるところが何点かあって
1、曲の選択
2、同じようなことを繰り返している
3、全体的に見たときに抑揚がない
4、曲とフラグの一体感が無い
5、全体的な雰囲気

1については意外と重要性が高い、多少の好き嫌いは人によって個人差はでてしまうけど。最終的にフラグと曲があっている。と思わせることが大事。

2。いくら編集ができても同じ手法と見せ方が一緒だったらつまらない、いくつかの同じ人が作った動画を見てこの人はこういう編集が好きだなって思うのはしょうがないと思うが、編集がうまい人は1つの動画の中でまず「こればっかりだな」と見る側に思わせる事はないと思う。

3。音楽や映画も一緒で同じペースで物語が進んでいったらつまらない。(淡々と進んでいく映画や音楽にも良さはあると思うが、難しい。)基本的には抑揚があった方が感情の浮き沈みが多少あるので良いかもしれないと思う。

4。曲との一体感がないといくら編集しても、垂れ流し動画に近く見えてしまう。音ハメすることによって、少しでも一体感をだしたりすることが重要、この曲はこの動画のために作られたのか、なんて思わせる編集ができたら最高だと思う。

5。全体的に見たときに雰囲気がバラバラだと、相手を混乱させて悪い印象を与えてしまう。


要するに編集技術は無くても雰囲気や一体感があれば良い動画にはなる。
しかし、技術の幅は相手をより楽しませる事につながるとおもう。
基本中の基本なのかもしれないが、最も重要なのは動画全体なので
雰囲気と一体感がなければその動画はつまらない物になってしまう可能性があるということ。
そこを中心に見直していけば、その動画は何倍にも面白くなる可能性がある。


と考えて頭では分かっていてもできない事が多々あるのがまた難しいところですね!!
Q.どうしたら動画を上手く編集できるようになりますか。

編集ソフトにもよりますが、Vegas、AEをもっている方なら以下詳しく。

そのほかの手軽な編集ソフトを持っている方、
またはwindowsMoviemaker等の最初から入ってるものを使ってる方
私論ですが、どんなものであっても自分でフラグを集めて編集してできた動画というものは嬉しいです。
いつも見ているFragMovieと比べて貧相というか出来が悪かったとしても。
その動画には自分だけの愛くるしさがあると思います。
(例)自分で作ったご飯はまずくてもおいしい。
そこでもっと良いものが作りたいと思ったりした方は編集ソフトを買ってレベルアップすれば、また楽しくなります。

Vegas、AEなどを持ってる方
まず最初にVegasを持っていてAEを買った方。またはその逆。(ここはVegas→AE)
単純に使い方が分らなかったら↓

1、Vegasで使っていたショートカットキーはAEでも対応するかやってみる。
ショートカットキーは編集する時にこれほどかというくらい便利です。
作業の短縮化により集中できる時間が他の事に割り当てられるので疲れにくくなります。
始めは簡単なショートカットキーから(動画のカット、コピー、マーカー等)
適当に使ってれば覚えてくると思うのでそこはまぁ気が向いたら。

2、他のソフトと比べてどういうエフェクトがあるのか。
とりあえず適当に動画いれて一つずつ全部のエフェクトをかけてみます。
(このエフェクトは動画がボールみたいなのに変化したとか)
気に入ったやつだったり、気になるものがあったら
そのエフェクトを入れてみてキーフレームなるものを打ち込んだりする、遊ぶ

3、とりあえず色々やってみたけど、単純にどうエフェクトをかけたりイマイチ使い方が分らない。
好きなフラグムービーを1~3つ何回も再生。
好きなOP等、こんな感じを真似したいと思えるものを何回も見る。
見たらAEを立ち上げて動画をいれて、様々なエフェクトをかけてみます。
やってれば近いものはできるはずです!

4、近いものができない
1日とか暇な時に考えても分らなかったら、今のままでは出来ないという事なのかな・・・
諦めろとは言わないけど、少し我慢。
編集のモチベーションを上げたかったり、今の自分ができることより色々やりたいのであれば。
VideoCopilot
ここのチュートリアルの中から好きなもの選んで「Watch」を押す。
英語がわからなくても、なんのエフェクトを使ってるのかとかはちゃんと自分のAEで同時に弄っていれば出来るはず。
日本語版と英語版で表記が違うものがあるのでその時はこれを見てみます。
AE、英語表記と日本語表記の対応表
(例)「これは・・・ あ!これだったのか」なんてね

時間をかけてゆっくりやればちゃんとできると思います。
できあがったものと比べてみたり、チュートリアルと自分のAEを比べて何かが足りない!
と思った方は「Watch」の横の「Download Project」を押してみます。
ダウンロードしてきたものをAEに入れてみて、端から端まで何が違うのかを確かめる。
※中にはダウンロードしてこないといけないものがあるから注意(テクスチャ、プリセット等)※

5、3~4を繰り返していくうちに自分ができることの範囲は広がっているはずです。
補足として、さっき挙げたVideoCorpilot以外にもたくさんのチュートリアルがあるので
色々探してみて、やりたそうなのを見つけてきてはやってみて自分のものにする。
しかし、単純に見て作ってきて、ポンと人前にだしてもそれは自分の作品でありますが自分の作品ではありません。
もっとオリジナルな感じにした方がより素晴らしくなると思います。
この時、主に盗むものはエフェクトの使い方や技術です。
どうすれば、こういう効果が生まれるのかを考えて、やってみます。
そして、この繰り返しが、後で自分だけで作るときに応用として使える場面が増えてくると思います。

誰でも環境と条件さえ整えば相手がプロであっても同じ事、またはさらに上をできるはずです。
何のことでも、たとえ今はできなくても時間さえかければ出来るようになります。
そう思ってやればどんな事でもできそうな気がしてくる。と思ってやってます。
なにより、自分で作ったものは愛着だったり、それがどんなものでも好きになれると思います。

長文になってしまいましたが、返答おしまいです!

(DefiaNt)
編集というものが良くわかりません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
​ ​