上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.05.24 編集2
最近いろいろと考えるところがあったので
動画編集について個人的に思うこと

基本的に編集技術がどうとかは特に関係ないと思う。
最低限の事が必要なだけ、自分が思ったイメージ通りにするために技術が必要なだけであって
3Dが使えなかったり、そういう事ができなくても良い動画は自分次第でどうとでも作れる(難しいとは思うが)。

自分も良く作っててたまに思ったりしてしまうんですが。
見直したりして、なんとなくこの動画つまらないなって思ったら(場合によってしまうが)やり直すべきだと思う。
なぜつまらないか
個人的に気を付けるところが何点かあって
1、曲の選択
2、同じようなことを繰り返している
3、全体的に見たときに抑揚がない
4、曲とフラグの一体感が無い
5、全体的な雰囲気

1については意外と重要性が高い、多少の好き嫌いは人によって個人差はでてしまうけど。最終的にフラグと曲があっている。と思わせることが大事。

2。いくら編集ができても同じ手法と見せ方が一緒だったらつまらない、いくつかの同じ人が作った動画を見てこの人はこういう編集が好きだなって思うのはしょうがないと思うが、編集がうまい人は1つの動画の中でまず「こればっかりだな」と見る側に思わせる事はないと思う。

3。音楽や映画も一緒で同じペースで物語が進んでいったらつまらない。(淡々と進んでいく映画や音楽にも良さはあると思うが、難しい。)基本的には抑揚があった方が感情の浮き沈みが多少あるので良いかもしれないと思う。

4。曲との一体感がないといくら編集しても、垂れ流し動画に近く見えてしまう。音ハメすることによって、少しでも一体感をだしたりすることが重要、この曲はこの動画のために作られたのか、なんて思わせる編集ができたら最高だと思う。

5。全体的に見たときに雰囲気がバラバラだと、相手を混乱させて悪い印象を与えてしまう。


要するに編集技術は無くても雰囲気や一体感があれば良い動画にはなる。
しかし、技術の幅は相手をより楽しませる事につながるとおもう。
基本中の基本なのかもしれないが、最も重要なのは動画全体なので
雰囲気と一体感がなければその動画はつまらない物になってしまう可能性があるということ。
そこを中心に見直していけば、その動画は何倍にも面白くなる可能性がある。


と考えて頭では分かっていてもできない事が多々あるのがまた難しいところですね!!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
​ ​